キレイな歯にしたい

銀歯には金属アレルギーリスクがあります

銀歯イメージ写真銀歯は現在、主に金銀パラジウム合金という素材が使われています。これには銀以外にも様々な金属が含まれており、中にはアレルゲンとなりやすい素材もあります。そのため、金属アレルギーをお持ちの方は適用することが出来ません。また、アレルギーというものは、後天的に発症することもあります。それは、免疫力の低下やストレスなどが関わっている場合があります。

アレルギーを発症し、かゆみやかぶれなどの反応が出てしまうと、生活の質を脅かしかねません。銀歯は他にも歯との隙間ができ、むし歯の再発が比較的起こりやすいという特徴もあります。そこで、経年劣化や脱落で再治療となった場合は他の素材の被せ物を検討されることをお勧めします。

メタルフリーでアンチエイジング

笑顔イメージ写真お口の中は食後、酸性に傾きます。また、むし歯菌によって酸が出されます。そのような環境の中で、金属はイオンとなって溶け出します。金属という人が本来、体内に取り込むものではないものを摂取することは健康的とは言えません。

普段食べ物や飲み物、体に塗るものに気をつけていても、アレルゲンとなり得るような歯科金属を付けたままにしていては、効果は現れにくいのではないでしょうか。

歯科金属でなくとも、歯の治療は可能です。より安全な素材に変えて、体内から健康になり、若々しさを保つために、審美歯科でより高品質な被せ物に変えませんか?

硬さがあり、磨耗に強いセラミック歯

セラミックイメージ写真セラミッククラウンはセラミックスから作られた被せ物のことです。「セラミック」と言えば、陶器を思い浮かべるかと思いますが、陶器もセラミックスのひとつです。金属ではなく、分かりやすく言うと、粘土を焼いたものです。近年はセラミックスは製造工程を制御し、製造することで、最先端機器にも使用されています。

セラミッククラウンは大きな特徴がその審美性です。銀歯は口の中で目立つ見た目をしていましたが、セラミックは白いため、天然歯との見分けがほとんどつきません。セラミッククラウンのメリットとして、以下が挙げられます。


セラミッククラウンのメリット
  • 白いため、むし歯治療の跡だと気付かれない
  • 変色しない
  • 金属アレルギーの方にも適用できる
  • 歯にしっかりと装着できる

補綴の紹介

ハイブリッドセラミッククラウン

セラミックイメージ写真セラミックスとレジンを混ぜ合わせたかぶせ物です。性質としてはレジンに近く、オールセラミックよりも硬くはありません。比較的削れやすいと言えます。しかし、それはハイブリッドセラミッククラウンは、噛み合わせる天然歯に優しいということでもあります。オールセラミックにくらべると、経年とともに変色が起こりやすい材質です。


オールセラミッククラウン

全体がセラミックスでできた真っ白なかぶせ物です。ほとんど経年変色を起こすことはなく、表面がツルツルであるため、歯垢も付きにくいという特徴があります。また、光をほどよく透過するため、歯の再現性が高いという特徴があります。オールセラミッククラウンのデメリットは、歯セラミックイメージ写真を削る量が比較的多いということです。

アクセス・診療時間

医療法人健港会 なみよけ歯科医院

〒552-0001 大阪市港区波除3-5-15 ハイツプリンス1F
TEL:06-6583-4182

診療スケジュール

※土日は午前中のみ診療   ※第1・3・5日曜日診療
【休診日】祝祭日

詳しくはこちら