通院が難しい

ご自宅やご指定の施設にお伺いします

訪問歯科歯科治療やお口のメインテナンスはすべての方に必要です。生きるために必要な食事を支えている歯を保持しなくてはならないためです。そのため、お体が不自由で通院が難しいという方にも、歯科医療をお届けするのが歯科医師の役目だと考えます。

なみよけ歯科では、高齢の方やお体が不自由な方で通院が困難な場合、訪問歯科診療を承っております。ご自宅や指定の施設までお伺いし、治療やメインテナンスを行います。訪問歯科専用のポータブルユニットを携帯しますので、歯科医院と同じような治療が可能です。

ご高齢の方の口腔ケアは健康に大きなかかわりがあります

お口は栄養摂取の質に重要なかかわりがある消化器官の入り口であるほか、呼吸器官の入り口でもあります。機能がしっかりと働かなくなると、健全な消化と呼吸を脅かし、免疫力の低下も招きます。年を重ねると、体の様々な機能に衰えが見られ始めますが、メインテナンスやトレーニングをすることで、これを防いだり、遅らせたりすることが出来ます。ご高齢になると特に気をつけるべき良い症状をご紹介します。

摂食嚥下障害

食事風景物を食べるという行為は、咀嚼と嚥下から成り立っています。嚥下とは飲み込むという意味で、口の中では食べ物が口の後ろの方に送り込まれ、咽頭・食堂を通過しています。高齢による衰えや脳梗塞の障害があると、これらの動きが正常に機能しなくなることがあります。お餅を喉に詰まらせてしまう高齢者がいることはよく知られていますが、これは嚥下機能の低下によります。

ほかにも、嚥下機能に問題があると、栄養状態が低下したり、脱水状態となることもあります。訪問歯科診療では、嚥下トレーニングによって機能の回復を試みます。

誤嚥性肺炎

治療風景本来、食堂を通って胃に入るべき飲食物や唾が気管や肺に入ることを誤嚥といいます。摂食嚥下機能の低下により、嚥下の際に喉頭に食べ物が入らないようにする蓋(喉頭蓋)が機能不全を起こすことで起こります。この際に、お口の中の良くない細菌が肺の中に入ってしまうことで起こる肺炎が誤嚥性肺炎です。

口腔内の細菌環境を良くしておく必要があります。誤嚥性肺炎は死亡原因の中でも上位に位置するため、嚥下機能の低下やお口の状態を放置することは危険です。訪問歯科診療では、口腔ケアでお口を綺麗にしていきます。

アクセス・診療時間

医療法人健港会 なみよけ歯科医院

〒552-0001 大阪市港区波除3-5-15 ハイツプリンス1F
TEL:06-6583-4182

診療スケジュール

※土日は午前中のみ診療   ※第1・3・5日曜日診療
【休診日】祝祭日

詳しくはこちら