歯の健康を保ちたい

欧米では予防に重点が置かれた歯科治療に

治療風景イメージ写真むし歯や歯周病は進行してしまうと、歯を削ったり、歯肉を切開したりして治療を行う必要があります。そのため、治療を繰り返すことで歯質が減り、歯肉が後退するなどし、歯の寿命が縮む結果を招いてしまいます。

歯の疾患を未然に防ぐには、毎日のケアを適切に行い、定期的に歯科検診を受けることが欠かせません。欧米の歯科先進国では、既に予防に重点が置かれた診療が行われています。

それらの国では、80歳になったときに、日本人よりも多くの歯を残せているという調査結果も出ています。良い状態を保つことで、いくつになっても、自分の歯で食事をすることが可能です。治療が終わったら、次に予防プランを考えますので、一緒にお口の健康を維持していきましょう。

毎日のケアにデンタルフロスをプラス

デンタルフロスほとんどの方が毎日歯磨きを行っていることと思います。歯磨きの意義は歯垢を取るということです。しかし、この歯垢の除去は自宅では完璧に行うことは難しいでしょう。そこで、さらに歯垢除去の効率を上げるために、お勧めなのがデンタルフロスです。

デンタルフロスは糸状をした歯のケア用品です。両手の人差し指に巻きつけて歯間にフロスを通すことで磨きます。

ブラシが通らない歯間が磨けるうえ、歯肉炎を引き起こしやすい歯肉付近もキレイにすることができます。やり方をお知りになりたい方は、当院にお越しの際にお気軽にお尋ねください。

歯医者の予防ケアで歯を守る

予防歯科では、お口を専用の器具でキレイにするクリーニングを受けていただくことが出来ます。ペーストも歯科用のものですので、着色汚れがある場合は歯が一段と明るくなることもあります。この歯科専用クリーニング以外にも、以下のような処置を行い、むし歯予防を行っております。

フッ素塗布

フッ素塗布「フッ素」という言葉は様々な歯のケア用品に含まれているため、ご存知の方も多くいらっしゃることでしょう。このフッ素とは実際はフッ化物のことで、歯の再石灰化や歯質強化、殺菌といった働きがあります。再石灰化とは酸によって溶け出した歯の成分を修復する作用のことです。むし歯予防に効果的である一方、殺菌作用により、歯周病予防にもなります。


シーラント

シーラント奥歯の咬合面はむし歯になりやすい箇所であるため、銀歯や詰め物をしている人は多いのではないでしょうか。この部分は食べ物が入り込み、磨き残しやすくなっているため、むし歯になりやすいと言えます。そこで、物理的にここを塞ぐことで、むし歯の発生を防ぎます。シーラントは歯科用プラスチックで、薄く被せるだけですので、時間が経つと剥がれる一時的なものです。

アクセス・診療時間

医療法人健港会 なみよけ歯科医院

〒552-0001 大阪市港区波除3-5-15 ハイツプリンス1F
TEL:06-6583-4182

診療スケジュール

※土日は午前中のみ診療   ※第1・3・5日曜日診療
【休診日】祝祭日

詳しくはこちら