歯を失くした

歯を失くしたら早めに治療を

治療風景歯周病やむし歯が進行すると、歯が完全に溶けたり、歯の根に膿が出来たりすることがあります。その様な場合はなるべく歯を保存して治療する方法を考えます。しかし、やむなく抜歯をするほかない場合もあります。大事な歯を抜くことは、患者様にとって簡単に受け入れられるものではないでしょう。しかし、そのままにしていると、症状はさらに悪化するおそれがあります。

たとえば、細菌が血液を通して全身に巡り、重篤な病気を引き起こすことも考えられます。もしも抜歯処置を行ったら、抜いた歯を補う治療を続けて受けましょう。なぜなら、歯がないままにしておくと、隣の歯が倒れこんできたり、かみ合わせの歯が伸びてきたりすることがあるためです。歯を補う治療をすることで、お口のバランスを保つことができます。

自然な噛み心地を得られるインプラント

インプラントインプラントはチタン製の人工歯根を顎の骨に埋め込み、そこに人工の歯を装着する治療方法です。隣の歯に引っ掛けて支える必要が無く、負担がかかりません。一本だけ歯を失い、他の歯に影響が無い形で補いたい場合に最適です。また、複数の歯を補う治療もインプラントで行うことが出来ます。

インプラントは保険適応外となりますが、他の治療方法にはないような自然な見た目と使用感があります。また、チタンを顎の骨に埋め込むと、生着し、固定されることも大きな特徴です。それによって、食べ物をしっかりと噛んで味わうことができるためです。

インプラント治療の流れ

検査

検査器具インプラント治療に必要なレントゲン撮影、CTスキャン、口腔内の写真撮影をします。

人工歯根埋入

治療風景検査結果に基づいて治療計画を立てます。計画した通りに人工歯根を埋入します。

治癒の期間

治療期間イメージ写真人工歯根が生着するまで待ちます。

アバットメント装着

インプラントイメージ写真歯の支台となる中間部分を人工歯根に装着します。

人工歯冠装着

インプラントイメージ写真人工の歯の部分を支台に装着します。

メインテナンス

治療風景状態の確認やクリーニングのため、定期的に通院いただきます。

インプラント・ブリッジ・入れ歯の比較
インプラント ブリッジ 入れ歯
安定性 顎の骨に固定される 比較的安定している 顎の骨に合わせて調整を行う必要がある
他の歯への影響 なし 隣の歯を削る必要がある 部分入れ歯の場合はバネを掛ける
付け心地 違和感が無い 違和感がほとんど無い 合わない入れ歯の場合、違和感が生じる
噛み心地 しっかりと噛むことができる 問題なく噛むことができる 咬合力は劣るが、噛むことができる
治療期間 治療が終わるまでに2か月~1年間必要 比較的短時間で製作可能 比較的短時間で製作可能
保険適用の可否 保険外診療 保険適用可能 保険適用可能

噛み合わせや見た目の美しさを回復する入れ歯治療

治療風景入れ歯は土台となる床(しょう)に人工歯が並んだものです。歯を失った箇所に装着することで、噛み合わせや見た目の美しさを回復することができます。歯がまだ残っている場合に、そこに引っ掛けるようにして用いるのが部分入れ歯、片顎の歯が全て無い場合に、それらを補うのが総入れ歯です。脱着が可能なため、取り外して除菌をすることができます。毎日清潔にして、お口の中を綺麗に保ちましょう。

顎の骨は歯が無くなって時間が経つと、徐々に吸収していくことがあります。そのため、骨の形状に合わせて定期的に入れ歯を調整していく必要があります。場合によっては、作り直しが必要になることがあります。合わない入れ歯をすることは骨の吸収を促進するため、なるべく早く再作製をしましょう。

高品質な保険適用外の入れ歯も

笑顔イメージ写真入れ歯は保険が適用のものと、より高品質な素材で製作された自費診療のものがあります。保険適用の入れ歯は床の部分がプラスチックでできていて、費用が安価です。厚みがあるため、飲食時に温度や食感が分かりにくいことが短所でしょう。使い心地は他のものと比べてそこまで良くはないものの、入れ歯を扱っている歯科医院であれば、どこでも大抵の場合調整が可能という利点があります。

保険適用外の入れ歯には、床が金属製の総入れ歯や金属のバネがない部分入れ歯があります。費用は高くなりますが、装着がより快適なものや、軽いもの、残存歯に負担がかからないものなど高品質な治療が可能です。

入れ歯の種類

保険の入れ歯

保険の入れ歯レジン(プラスチック)でできた入れ歯で広い範囲の症状で適用できます。落とすなどして壊れたときも修理がしやすい素材です。比較的短期間で製作ができますが、1度完成したら最低でも6か月経たないと作り変えができません。

金属床

金属床床の部分が金属で出来ています。熱伝導率の高い金属ですので、飲食物の温度がお口に伝わり、食事が楽しめます。薄くて装着間の違和感が保険のものよりも少ないでしょう。金属床にはゴールドやチタンといった種類がございます。

ノンクラスプデンチャー

ノンクラスプデンチャー歯に引っ掛ける金属のバネがないタイプの部分入れ歯です。入れ歯を入れていると気付かれにくく、薄くて柔らかい素材で出来ています。引っ掛ける部分がバネではないため、残存歯にかかる負担が軽減できます。

アクセス・診療時間

医療法人健港会 なみよけ歯科医院

〒552-0001 大阪市港区波除3-5-15 ハイツプリンス1F
TEL:06-6583-4182

診療スケジュール

※土日は午前中のみ診療   ※第1・3・5日曜日診療
【休診日】祝祭日

詳しくはこちら